足爪 水虫 市販薬

足爪水虫の市販薬で、早めの対処が肝心です

 

足爪水虫は、一度なってしまうととてもやっかいですよね。見た目も悪いし、さらには足の臭いに影響を及ぼしてしまします。なので、早期に対処していく方が安心です。

 

そこで当サイトは、足爪水虫の市販薬の紹介をさせて頂きます。
まず当サイトに記載されている足爪水虫の市販薬だけでも必ず確認しておくことをおすすめします。
なぜなら、当サイトでご紹介する足爪水虫の市販薬は、安心して試せるようにお客様目線に立った商品だからです。

 

それでは、早速以下から足爪水虫の市販薬の確認をしていきましょう。

 

足爪水虫の市販薬ランキング

 

クリアネイルショット

 

 

返金保証 あり
価格 2,970円
製造国 日本
説明 クリアネイルショットは、成分が爪の奥まで効率よく浸透します。

それは爪表面の親油性(油になじむ特性)を持つ、膜の特性を利用しているためです。また、返金保証も付いており、製造国も日本なので安心して使用出来る機能面においても優れた商品です。

おすすめ度
クリアネイルショットの詳細など こちら
購入公式サイトURL http://www.clearnailshot.com/

 

 

Dr.G’sクリアネイル

 

 

返金保証 なし
価格 4,980円
製造国 アメリカ
説明 爪の上や爪と皮膚の間に塗るタイプで、患部に浸透しやすくなっています。無色、無臭で使用しやすいく、ネイルサロンでも使用されています。
おすすめ度
Dr.G’sクリアネイルの詳細など こちら
購入公式サイトURL https://bandh-r.org/mi-clearnail.html

クリアネイルショットがおすすめ出来る理由とは?

 

当サイトで足爪水虫の市販薬で、おすすめしたいのがクリアネイルショット。
その理由としてまずあげられるのが、使用者目線であることが言えるでしょう。

 

クリアネイルショットは先にも返金保証が付いていると説明をしましたが、この返金保証には「使用済み」の商品のみ受け付けるとあるのです。

 

要は実際に使用した方しか、返金保証制度は受けられないのです。
実際に使用してもらい、「効果を感じた方に使用してもらいたい」という、企業としてとても好感が持てる対応です。

 

以下、公式サイトより抜粋

足爪水虫の市販薬(塗り薬)ランキング比較※購入前に必ず確認です!

 

どうしても人によって効果の表れ方には違いが出てしまうものです。
人それぞれ、生活環境や症状など様々な違いがあるから当然といえるでしょう。

 

クリアネイルショットではその事も考慮しての返金保証制度です。これはクリアネイルショットに対して「自信と責任」を持っていないと出来ないことだと思います。

 

まずは足爪水虫対策をして行きたいと考えている方も安心して、試すことができる商品と言えます。

 

クリアネイルショットの購入公式サイトはこちら

↓↓↓↓↓

http://www.clearnailshot.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足爪水虫の気になる治療方法とは?

 

足爪水虫の治療方法

 

足爪水虫に関する治療方法は様々あります。

 

まず手軽に始められる足爪水虫対策として市販の塗り薬があげられます。以前は、市販の塗り薬では薬が爪の内部にまで浸透しにくいという認識が強かったのですが、現在では爪への浸透力に力を入れている足爪水虫の市販薬もあります。

 

次に、足爪水虫の治療には内服薬が用いられることも多いです。使用される薬としては、肝機能に問題が無ければラミシールが用いられますが、定期的な血液検査を行って肝機能が低下していないことを経過観察しなければなりません。

 

ラミシールの副作用として肝機能低下に伴う様々な症状が出てしまうリスクがあるからです。一方、肝機能に元々問題がある場合には、足爪水虫治療の内服薬としてイトリゾールが使用されます。空腹時を避けて食後に飲み続ける必要がありますが、1週間続けて服用したら3週間休薬するというパルス療法が採用されているので、医師の指示に従って継続する必要があります。足爪水虫が治るまでの期間は、爪が生え変わる6ヶ月以上の期間を必要とするので、常に副作用が起きていないか医師の診察が必要となるわけです。

 

足爪水虫の中には、内服薬で治療をしても改善がみられない場合があり、最新の治療方法としてレーザー治療が登場しています。まだ先端医療のために自由診療扱いとなっているので、治療費が高額となりますが、麻酔を必要としないことと月に1回20分程度のレーザー治療を繰り返すだけで済むので、費用面が工面出来れば利用する選択肢も出来ています。

 

以上、足爪水虫に対する主な治療方法となります。

 

医者にかかりたいのだけど通院するが無い。まだ初期症状で市販の塗り薬でまずは改善を目指したいなど、ご自身の様々な都合や、足爪水虫の症状の状態があるかと思います。
費用対効果の高い足爪水虫の治療方法を見つけていきましょう。

足爪水虫の主な症状とは?

 

足爪水虫の症状

足爪水虫の主な症状は、外見的な症状が一番先に挙げられます。足爪水虫が発症すると、まずは爪が厚くなったり黒ずんだりします。また、爪自体が割れやすくなると言った症状もあります。爪が割れやすくなるので、ぽろぽろと欠けて落ちることもあります。また、爪の周囲に炎症を起こして、痛くなる場合もあります。

 

足爪水虫は普通の水虫と違い、初期症状としては、かゆみや痛みがほとんど無く、また出血などもほとんどありません。しかし、通常の水虫よりも、厄介な点もあります。
足爪水虫は、爪の中に水虫の原因となるカビの一種である白癬菌が増殖し、ちょうど「倉庫」の様な状態となった場合とも言えます。
そして、それが崩れて落ちやすいことから、床などにばら蒔いた状態になるので、他の人への伝染の確率が非常に高くなります。ですから、それを防ぐためにもスリッパなどを利用することが大切です。

 

さて、足爪水虫が発症した場合は、家族などへの感染を防ぐためにも、早めの対処が非常に大切です。
水虫の対処法としては、薬による治療が一般的です。使用する薬としては、外用薬を患部につける方法と、飲み薬を使う場合がありますが、足爪水虫の場合には飲み薬での治療がメインとなります。

足爪水虫の主な原因となることは?

 

足爪水虫は白癬菌というカビの一種が爪に感染し、発症します。
いきなり足爪水虫になることは少なく、ほとんどが足の指や踵にできた水虫を長期間放置したために皮膚から爪の中に白癬菌が侵入し、足爪水虫を発症します。

 

足爪水虫は爪の表面のみにどどまらず、裏側の皮膚にまで達することがあり、皮膚や爪が新陳代謝で生まれ変わり白癬菌に侵された角質が完全に取り除かれなかれば、完治しませんので、治療に長い時間を要することがあります。
水虫といえば、男性のかかる病気だと思われていますが、原因菌である白癬菌は高温多湿な環境を好むため、冬場にブーツを履く若い女性の間にも広がって来ています。
その数は日本人の10人に一人とも言われ、実に患者数は1000万人くらいになるのです。

気になる足爪水虫の予防法

 

水虫の原因となる白癬菌ですが、人間の皮膚や髪の毛、爪の成分であるたんぱく質の一種であるケラチンを主食として繁殖するため、足だけではなく手や股等体のどこでも繁殖するのです。
白癬菌の感染源は、他人の白癬菌で、バスマットやバスタオル、履物の共用による感染が考えられます。家族や同居者に白癬菌に感染者がいるときは、バスマットやバスタオルの共用は避けるのが望ましいでしょう。

 

また、先に述べましたとおり、足爪水虫を発症する前にまず足や手に水虫等、白癬菌の繁殖が認められることが多いことから、もし足や手にかゆみ等水虫の発症を疑うような症状があった時には、早期に治療をはじめ、他人への感染を防ぐとともに、足爪水虫の予防に努めていただきたいと思います。

 

足爪水虫の対策体験談

 

足爪水虫の体験談

 

ここからは実際に足爪水虫に悩み、対策を行った方の体験談を募集してみました。
あなたが今後、足爪水虫を改善対策をする上で役に立つ情報があるかもしれませんので、よろしかったら確認してみて下さいね。
※体験談なので必ずすべての方に効果が得られる方法ではないので、あくまでも参考にしてくだされば幸いです。

 

 

家族それぞれ専用バスマットを使用【女性・45歳】

 

中学生の頃に父から水虫を移されました。皮膚だけでなく爪までも水虫になってしまいました。
足爪水虫になり、爪は変色して厚みが増し、見た目がとても最悪でした。夏場は素足になるのがいやでサンダルも履けませんでした。
爪を他人に見せたくはなかったため皮膚科にも行かず、市販の水虫薬を使っていました。
もうこれ以上足爪水虫にはなりたくなかったので、水虫の感染ルートを探しました。一番水虫感染の確率が高いのはバスマットだと思い、水虫治療と並行して家族みんなで使っていたバスマットを面倒でしたが、家族それぞれ専用のものを使うようにしました。また、清潔を保つために毎日洗濯しました。
しばらくすると、薬の効果もあり足爪水虫は完治しました。
その後もバスマットは清潔を保つようにし、家族それぞれ専用のものを使用していましたが、それ以降は足爪水虫にはなっていません。

 

 

とにかくマメに予防することが大切です。【男性・30歳】

私は、爪の水虫対策としてとにかく足を清潔に保つことを意識していました。
例えば、仕事で革靴を履いていますが足が蒸れることが多々あります。
足は自分が思っている以上に汗をかいてしまう場所なので、普段から靴下の予備を持ち歩き、マメに交換するようにしていました。
また、家庭においても入浴で清潔にしたあとは足の指と指の間もきちんと拭き、乾かしてから布団に入るようにしていました。
余談ですが、冬場は寒く靴下を履いて寝る方がいると思いますが、このときは特にきちんと乾燥させることが大切になります。
菌は湿気のある場所を好むので、それだけは回避していました。
爪の水虫はそのまま放置していると、知らない間に家族に感染させてしまったり、自身も重症化すれば靴が履けないなど、普段の生活に大きな影響を与えてしまいます。
ですから、少しでも気になることがあれば専門医の受診をオススメします。

 

熱湯を毎日など【女性・29歳】

パンプスをよく履き、ヒールも毎日だったので巻き爪と足爪水虫の対策で皮膚科にたまに受診していました。そこで教わったのが毎日熱湯42度以上ぐらいに足を20分以上つけるとゆうのと、足をつけた後は良く吹き乾燥させる、爪もこまめに良く切り、たまにはシューズなどフラットな靴にする様に案内されました。水虫は高温に弱いそうなので砂風呂みたいなのも良く効くそうです。靴も中敷をひいて定期的に交換したりと匂い対策になるような事も教えていただき今もそれを続けています。皮膚科の先生がゆうのだからあっているのかなぁと思います。水虫や足爪水虫には今はなっていないですね。熱湯から足をだした際ふやけているのできちんと洗い指間も乾燥が大事だと思います。

 

まさかの足爪水虫との戦い【男性・36歳】

 

仕事から帰宅して風呂に入ろうと何気なく自分の足を見ると、右足の親指に異変があるのに気付きました。いつもは肌が透けて見える親指の爪が白く濁ったような色をしていたのです。
その時は何だろうと思うぐらいで、そんなに気に病むようなことはありませんでしたが1週間が経過しても親指は白く濁っていました。
何かの病気なら気持ちが悪いと思いネットで症状を検索したところ、まさかの足爪水虫でした。
私の場合、痛くも痒くもなかったのですが子供に移ってしまっては大変だと、寝るときも別にして家の中でも常に靴下を履くようにしました。
そこからは戦いでした。薬局で塗り薬を購入して夜な夜な塗っていましたが残念ながら私には効果なしです。
しばらくは改善が見られずに、これで駄目なら病院しかないと、たまたま知人から聞いた民間療法の茶の葉を試してみました。
物凄い濃い緑茶を洗面器に作り足を浸す方法ですが、これが思わぬことに効果があったのです。
数日で足の親指の爪の色が薄くなってきたのです。
いまではすっかり完治してますが、再発の恐れもあるようなので、以前よりも足の清潔には気を使うようになりました。
民間療法が当てになるのかはわかりませんが、私にとっては試して良かった方法です。

 

 

家で足爪水虫を治す方法【男性・32歳】

足爪水虫の原因は、白癬菌になります。
この白癬菌は熱に弱いため私は、足湯をして足爪水虫を治しました。
方法は簡単で大きめの風呂桶に45℃のお湯を貯めて、そこに足をつけてテレビを見ている間など家で暇してる時にするだけです。暑さが大事なので温度が下がってきたらまた新しいお湯にいれかえます。これを毎日します。期間としては、爪が生え変わるまでこれをすることになります。白癬菌が死滅していれば新しく爪が生えてきたところはキレイな爪ということです。
私は、この方法で約1年ほど継続してやったら足爪水虫がキレイに治りました。
最後に白癬菌は一般的に60~65℃で死滅すると言われているので、私は45℃で足湯をしましたが熱さが大丈夫な人はもう少し高い温度で足湯をすると効果的だと思います。

 

 

家族に足爪水虫が出た時の対処方法【女性・24歳】

私が高校生の時に、父が足爪水虫になったことがありました。高校生という年頃のため、足爪水虫なんてなりたくないと強く思いました。また、父の爪の様子を見ても、伝染らないように気をつけようと思ったものです。そこで、私が行った対策は、お風呂場の足ふきマットをこまめに取り替えることでした。お風呂に入るときは、私が先に入り、父が入ったあとのものは、そのまま洗濯をします。このようにすることによって、足ふきマットからの感染を防ぐことができました。次に、お風呂に入るときには、足の指の間までしっかりと洗うようにしました。石鹸を泡立てて、こするように洗うことによって、より清潔に保つことがでいます。おかげで、足爪水虫は伝染りませんでした。

 

 

職場では水虫天国でした。【男性・34歳】

私は介護施設に勤務していた為、水虫(白癬)とは切っても切れない関係でした。入居している方をお風呂に入れたり、入れた後に身体に薬を塗ったりする訳です。
無論、直接身体(患部)に触れない様にディスポという透明な手袋をはめて対応するのですが、感染するリスクを完全に防ぐのはやっぱり難しいです。

 

水虫は接触感染よりも間接感染の方が感染する可能性が高いと言われています。例えば、脱衣所に置いてあるバスマットや、浴室で使うサンダル。
私達が仕事で使うそれらの物は個々人が用意している物ではなく、皆で使い回しをしている関係でどうしても感染リスクが高まってしまうのです。

 

水虫にならない為にはどうすればいいのか。仕事が終わり、帰宅してから私たちがまずする事は、裸足になる事です。水虫は高温多湿な場所を好むとされているので、靴下の中はまさに天国。
季節によっては寒いかもしれませんが、そこは仕方ないですね。そうそう、言い忘れましたが、施設で入浴対応他を終えた後は水洗いをしてアルコールで消毒もしています。

 

私が思う中で、他に水虫対策に有効なのは、下駄やサンダル等、風通しの良い物を履く事ですね。特に下駄は姿勢が良くなるので、色々な意味で健康にいいですよ。

 

治るのに時間がかかる足爪水虫【女性・45歳】

 

主人が足爪水虫だったので、気をつけていたのですが、足爪水虫がうつってしまいました。足なのですが、親指と小指の2本の爪が水虫になり、特に親指の爪が全体が真っ白になっていました。最初は、医者に行くのも恥ずかしいと思い、ドラッグストアーで薬を買おうかとも思いました。でも、主人に聞いたところ、「医者に診てもらった方がいいよ」と言われたので、医者に行くことにしました。医者に行って言われたのは、「治るまでは時間がかかるからね」ということでした。今、医者に通いはじめてから半年間ほど経ちましたが、親指の爪の白い部分がやや減ってきた感じです。手間だとは思いますが、継続して医者に通い、少しでも早く治せるようにしたいと思います。

 

 

完治を信じて、高価な水虫薬を使用しております【男性・36歳】

私が足爪水虫の対策を行うようになったのは、一言でいうと「不衛生だから」です。足爪水虫は、まず見た目が汚らしい・・最初は、爪が白く硬くなって、不潔そうな質感になっていくのを我慢しておりました。次第に、普通の爪切りバサミでは受け付けない硬さになっていきます・・そして、足が何か、靴下を履いた状態でも臭ってくるようになると、本気で対策を考えるようになりました。最初は、ドラッグストアで1500円前後で買える足爪水虫の市販薬をつけておりましたが、あまり効果があがらず・・そこで、ネットでもう少し調べてみたところ、ネットで効果がありそうな塗り薬を発見しました。水虫薬としては少し高い商品なので出品がかさむのですが、その効果を信じて、足爪水虫の部分や皮膚の白く硬くなった部分に塗り続けました。この塗り薬は、ビンに入った液体の水虫薬なので、お風呂上りに足をよく乾かした後、丹念に患部に塗っていきました。

 

使用を続けていると、白い皮膚が剥けて、健康な色合いの皮膚になったりと、微妙な変化が現れてきて・・さらに1年近く使用を続けていると、なんと、親指の爪がはがれて、新しい爪が生えてきたのです・・それからも、足爪水虫の完治を信じて、今でもこの塗り薬を使用しております。夏には、素足でサンダルを履けるようになれればいいな、と思っております。

 

 

足爪水虫の市販薬(塗り薬)ランキング比較※購入前に必ず確認です! 目次