足爪水虫の爪の痛みはどんな状態?

足爪水虫の爪の痛みから考えられる危険性

 

足爪水虫の痛み

 

足爪水虫は自然治癒で治すことはできず、水虫の原因となる白癬菌を殺菌しなげればなりません。白癬菌はカビの一種で生命力と繁殖力が強いので、放置すると自分が悪化するどころか一緒に住んでいる家族にも移る可能性が大きくなります。足爪水虫がひどくなり爪の痛みが生じると危険があり、爪が厚くなり爪切りも使用する事が困難で、自然と巻き爪になり指の肉に食い込んできます。

 

更にそこから白癬菌以外のばい菌も増殖しどんどん症状が進行していきます。足爪水虫の初期段階では白く荒れた様な状態ですが、進行するにつれて黄色や茶色、黒と変色していきます。この様に初期段階では爪がボロボロと崩れ落ちるので、歩くたびに床に落ちた菌が他の指にも付着します。

 

白癬菌は床に落ちても爪の破片に付着したまま長期間行き続けるので厄介になります。特に足爪水虫の初期段階では痛みもなく自覚症状がないので、見過ごすケースが多くあります。爪が白く濁ってきてホロボロになる頃には、かなり進行しているのでその前に処置する事が大事です。先に述べた痛みが伴い爪が皮膚に食い込んでいると、靴を履く事はもちろんの事痛みが原因で歩く事自体も困難になっていきます。つまり、足爪水虫は放置しておくとかなり危険な状態になっていきます。

 

ちなみに、白癬菌が仮に足に付いた場合は、24時間内に石鹸等で綺麗に洗えば感染しないと言われています。公共の温泉やプール、スリッパなどを履いた後は要注意となります。白癬菌は、タンパク質を主の食物とする特殊な微生物になります、皮膚の最外層である角質の中を好んで住みつき、その白癬菌が爪の成分であるケラチンを溶かす酵素を持っているので、爪や足に付着した白癬菌が爪の内部に入ります。足爪水虫の治療は根気が要り治ったと思っても再発するケースがあります。病院等で飲み薬や塗り薬、レーザー治療など様々な治療がありますが、痛みを伴っている時は重症なので直ぐに病院受診し治療に専念する事が大事になります。