足爪水虫の市販薬(塗り薬)を比較ランキングにてご紹介

足爪水虫の気になる臭いの対策

 

足爪水虫の臭いについて

 

人体はどれほど徹底的にケアを施していても脇と足の臭いを完全に防ぐことはできません。
足が臭いことが原因となって足爪水虫になると考えられることが多いものの、正しい認識とは言えず根本的な原因は高温多湿な状況下で細菌が増えるということです。
つまり、足爪水虫によって臭いというわけではなく、臭くなる状況下に置かれたため必然的に生じてしまったというのが正解です。

 

そのため、足爪水虫を引き起こす白癬菌をどれほど増やしても臭うことはなく、白癬菌がいることで角質などがスムーズに除去できず悪臭を放ってしまうのです。
足爪水虫に見舞われていて自分の足が臭いことを自覚している場合は外出するのも気が気でないのが本音であり、靴を脱いで過ごすシチュエーションはもってのほかと考えている方が多いです。

 

自宅であれば素早く対処可能であるものの、出先では満足にケアすることができない場合もあるため悩みの種になります。
ただし、たとえ屋外でも素早く対策を講じる方法は存在するので、前もって理解しておくと自信を持って過ごせるようになり、ストレスを抱え込むことが解消できます。
応急処置として最も効果的かつ手軽なのが臭いが強くなってきたら除菌が行えるシートで繰り返し拭き取るということです。

 

除菌用ならアルコール成分により汗のみならず角質層を柔らかくして取り除くこともできるので根本的な解決に繋がりますし持続時間も長いです。
また、普段着用する靴にも工夫を施すことも有効的であり、特に通気性が悪い革靴などは吸湿性に優れた中敷きを内部に敷いて、毎日同じ靴を履かないように心がけましょう。

 

そして、シートで足の裏を拭くタイミングで中敷きも拭き取ってあげると履き直した途端再び臭いが漂うことがなくなります。さらに、女性は生地が薄い靴下を使うことが多いので、男性よりも蒸れやすいシチュエーションが整ってしまいます。
そういった点からできるだけ素材にも拘りを持ち、必要な時だけ生地が薄いタイプを使うといった意識を持ちましょう。