足爪水虫で爪の色が黒い状態について

足爪水虫で爪が黒い時の状態は危険!?

足爪水虫で黒い

 

他人に対して移してしまう可能性がある細菌を自分が有している状況というのはとても悲しい気持ちになってしまうものですが、足爪水虫も例外ではありません。
強い痒みを伴うことから気付きやすいという特徴があるものの、あまり変調が感じられない時は感染してしまっている事自体に気付かない上に、周囲に撒き散らしてしまっている恐れもあります。
足爪水虫は名称からもわかるように爪に起こるトラブルですが、水虫と同様に白癬菌というものが根源となって引き起こされます。

 

しかも、爪に物理的に覆われてしまっているため、外部との関わりが薄く貯蔵されてしまっているような状態なので、治療が講じにくく治療に要する期間が長引いてしまいます。
基本的には親指に生じるのですが、対策を講じることなく過ごしていると他の指にも拡大してしまい、痒みと見た目の悪さが数倍に膨れ上がってしまうので注意が必要です。

 

そのため、感染の有無を確かめるためにも親指から見ていく必要があり、別の指と差異が生じていないか調べましょう。
何も問題が無い場合は健康的なピンク色をしており透明感が感じられるのですが、足爪水虫だと黄ばんでいるように見えます。ただし、黄ばみがあるのならまだ初期段階なので、皮膚科に行くとすぐに元通りの状態を取り戻せます。
しかし、変調が起こっているのに放置し続けてしまうと、少しずつ滑らかさが失われ乱れが起こり、表面に筋が露出してくることが確認できます。
そして、最終的には見たこともないような黒い外見になってしまい、明らかな異常が生じていることが誰の目から見ても明らかです。

 

黒い見た目になっているのは最終段階であり、そこから足爪水虫が発症する前のかつてのピンク色に戻すのは難しく、とても長い治療期間を覚悟しなければなりません。
もちろん、日常生活に支障が生じるほどの痒さに悩まされるので皮膚科に行くしかないですし、全身性の疾患でも同様に黒い変色が起こるので手遅れしないためにも医療施設に行きましょう。